• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 6月11日オリックス戦 沈黙のコイ5連敗 球団ワーストタイ17三振

カープ

6月11日オリックス戦 沈黙のコイ5連敗 球団ワーストタイ17三振

2021/6/11 23:26
【オリックス―広島】五回、広島2死、会沢が空振り三振に倒れる(撮影・山崎亮)

【オリックス―広島】五回、広島2死、会沢が空振り三振に倒れる(撮影・山崎亮)

 球界を代表する投手に、手も足も出なかった。打線はオリックスの先発山本に15三振。七回まで無安打で一人の走者も出せない「完全試合ペース」に封じ込められた。朝山打撃コーチは「選手は必死にいった中でも簡単な球は少なかった」とぼうぜん。連敗は引き分けを挟んで5に伸びた。
(ここまで 132文字/記事全文 504文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧

  • 6月22日ヤクルト戦 (6/22)

     ◇広島―ヤクルト8回戦(ヤクルト5勝1敗2分け、18時00分、マツダスタジアム、15770人)

  • 6月22日ヤクルト戦 拙攻12残塁 再三の逸機、11安打1点 (6/22)

     大差を追い付こうと空回りし、もったいない攻撃ばかりが続いた。打線は11安打を放ちながらも、12残塁で1得点。朝山打撃コーチは「点差が開くと細かい作戦が使えなくなる」と肩を落とした。

  • 6月22日ヤクルト戦 初の4番で林が2安打 (6/22)

     欠場した鈴木に代わって、3年目の林が初めて4番に座った。「やることは変わらない。4番だからといって気負いすぎずに」と2安打を放った。

  • 6月22日ヤクルト戦 大瀬良6失点で3敗 (6/22)

     大瀬良が勝てない。6回6失点と崩れ、(2勝)3敗目。右ふくらはぎ故障から復帰した5月18日以来、5登板連続で自身に白星が付いていない。

  • 投打振るわず連敗、借金今季最多タイの13に (6/22)

    【広島1―6ヤクルト】(22日、マツダ) 広島東洋カープは投打が振るわず、2連敗。借金は今季最多の13に逆戻りとなった。 先発大瀬良大地が誤算だった。二回に3安打と四球に自身の一塁悪送球も絡み、4点を...