カープ

売り出し中の林、2点打で一時逆転 打点は6日以来

2021/6/14 19:37
四回、広島2死満塁、林が逆転の2点打を放つ

四回、広島2死満塁、林が逆転の2点打を放つ

【広島―西武】(14日、マツダ)

 広島東洋カープの林晃汰が一時逆転となる2点打を放ち、6日以来の打点を挙げた。

 0―1の四回2死から2四球と安打で満塁となり、この日の2打席目へ。左腕佐々木が投じた141キロの外角球を、逆らわずに逆方向へ運んだ。打球は左前ではずみ、二人を迎え入れて逆転に成功した。

 交流戦に入って先発機会が増加した売り出し中の20歳。この日も同学年の小園海斗、羽月隆太郎とともに先発出場し、柔らかな打撃で起用に応えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

カープ アクセスランキング

  • 集計中です