• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 先発薮田、勝ち投手までアウト一つで交代 悔しさかみ殺し降板

カープ

先発薮田、勝ち投手までアウト一つで交代 悔しさかみ殺し降板

2021/6/14 19:48
五回、西武2死一塁、金子に四球を与え汗を拭う薮田

五回、西武2死一塁、金子に四球を与え汗を拭う薮田

【広島―西武】(14日、マツダ)

 広島東洋カープの先発薮田和樹は、悔しさが残る今季初登板となった。

 一回は三者凡退で立ち上がり、三回までゼロを並べた。四回に先制を許したが、その後の1死満塁で併殺に仕留めるなど追加点は許さなかった。

 打線が逆転して迎えた五回。2死一塁から金子に四球を与えたところで、佐々岡真司監督が投手交代を球審に告げた。勝ち投手の権利まであとアウト一つでの降板となり、悔しさをかみ殺しながらマウンドを降りた。その後はベンチ最前列から戦況を見守ったが、2番手コルニエルが森に同点適時打を浴びた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧