カープ

打線の奮起で3度目のリード 坂倉、左中間を破る適時三塁打

2021/6/15 20:37
【広島―西武】五回、広島2死一塁、坂倉が左中間に適時三塁打を放ち3―2とする

【広島―西武】五回、広島2死一塁、坂倉が左中間に適時三塁打を放ち3―2とする

【広島―西武】(15日、マツダ)

 広島東洋カープの打線が粘り強い。五回、西武に2―2と追い付かれたその裏の攻撃だった。2死から鈴木誠也が四球で出塁。坂倉将吾が外角低めの変化球を引き付けて捉えると、左中間を破る勝ち越しの適時三塁打となった。

 この日は一回に先制すると二回に追い付かれ、四回に勝ち越すと五回に同点とされる我慢の展開。打線の奮起で3度目のリードを奪った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧