カープ

会沢 左脚負傷で登録抹消

2021/6/16 16:20
15日の西武戦の八回、左脚を痛め、ベンチへ戻る会沢

15日の西武戦の八回、左脚を痛め、ベンチへ戻る会沢

 東京五輪の野球日本代表「侍ジャパン」の内定選手に決まっていた広島東洋カープの会沢翼が16日、出場選手登録を抹消された。15日の西武戦(マツダ)の八回の守備で、林晃汰の送球をジャンプして捕球し、挟殺プレーに持ち込もうとして走りだした際に左脚を負傷。そのまま途中交代していた。試合後には佐々岡真司監督が「(自力で)歩けなかったので心配」と話していた。

 会沢は5月2日の阪神戦(甲子園)で下半身のコンディション不良を発症し、同4日に出場選手登録を抹消。リハビリを経て6月3日に復帰していたが、2度目の離脱となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧