カープ

先発玉村が7回2失点、10奪三振でプロ初勝利

2021/6/18 21:27
【DeNA―広島】四回を無失点で切り抜け笑顔でベンチに戻る玉村

【DeNA―広島】四回を無失点で切り抜け笑顔でベンチに戻る玉村

 【広島7―4DeNA】(18日、東京ドーム)

 広島東洋カープは先発玉村昇悟が7回2失点、10奪三振の好投を見せ、プロ初勝利を挙げた。先発投手に白星が付くのは、5月19日の巨人戦の九里亜蓮以来、19試合ぶり。最下位を脱出し、5位になった。

 今季60試合目で20勝(32敗8分け)に到達。球団では1952年の71試合、51年の65試合、67年の63試合に続き、史上4番目の遅さとなる20勝到達となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧