カープ

若手が躍動し連勝 森下は4勝目

2021/6/19 18:32
【DeNA―広島】4勝目を挙げた森下

【DeNA―広島】4勝目を挙げた森下

【DeNA11―12広島】(19日、東京ドーム)

 広島東洋カープは若手が躍動し、2連勝でカード勝ち越しを決めた。

 3年目林晃汰は一回の1打席目に先制2点打を放つと、七回の4打席目には3号ソロをマーク。4安打4打点と連日の活躍を見せた。4年目中村奨成は八回に代打で登場。プロ初アーチを左翼席に運んだ。九回には3年目の羽月隆太郎も中前2点打を放った。

 投げては2年目の森下暢仁が同期の石原貴規とバッテリーを組み、尻上がりに調子を上げて7回3失点で4勝目。九回にブルペン陣が乱れて7点を返されたが、なんとか逃げ切った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧

  • 7月14日中日戦 (7/14)

     ◇広島―中日14回戦(広島8勝4敗2分け、18時00分、マツダスタジアム、14910人)

  • 7月14日中日戦 コイ、今季初4連勝 森下6勝、8回を無失点 (7/14)

     前半戦の締めくくりにふさわしい好投だった。先発森下は8回を無失点に抑えて6勝目をマーク。「とにかく勝ちたいという思いでマウンドに上がった」と爽やかな笑みを浮かべた。

  • 7月14日中日戦 小園ここぞの先制弾 (7/14)

     小園の今季初本塁打が、貴重な1点を刻んだ。

  • 7月14日中日戦 充実の栗林、前半戦18S (7/14)

     大健闘の前半戦を栗林は152キロで締めくくった。2―0の九回に登板し、あっさりと2死を奪うと、福留に直球勝負で空振り三振。「4連勝、同一カード3連勝が懸かっていた。すごく緊張した」と充実した表情をみ...

  • 【ダッグアウト】7月14日中日戦 (7/14)

     広島・佐々岡監督(初の4連勝で前半戦フィニッシュ)「この3連戦のように、投手中心の守る野球からの打撃を後半戦も続けたい。そうすれば、うちらしい野球ができる。リフレッシュ期間になり、もったいない感じに...