カープ

6月19日DeNA戦 避けたかった栗林連投

2021/6/19 22:46

 22日ぶりの連勝なのにホラー映画を見たような気分である。8点リードで迎えた九回、みるみる追い上げられ、1点差の薄氷の勝利。1イニング7失点は4連覇がついえた2019年9月19日のDeNA戦以来となる。守備固めで入った堂林の失策をきっかけに、高橋樹は四球で走者をためて満塁弾を浴び、背筋が凍った。
(ここまで 148文字/記事全文 502文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 7月14日中日戦 適材適所を見極める時 (7/14)

     今季初の4連勝で前半戦を締めくくった。先行逃げ切りあり、逆転勝ちありと、短期的な視点で見れば気分がいい。しかし、長期的な視点で現実はしっかりと受け止めたい。30勝42敗10分けで5位。2桁借金でシー...

  • 7月13日中日戦 泥くささ光る3番小園 (7/13)

     小園の自己最長記録が止まった。八回、ワンバウンドのフォークにバットは空を切り3球三振。三振を喫したのは39打席ぶりだった。打率3割2分1厘と成長著しい打撃は、打席での粘りが下支えとなっている。

  • 7月12日中日戦 「1番野間」定着なるか (7/12)

     野間に“今季初安打”が飛び出した。「1番で先発し、第1打席で放った安打が今季初」という意味だ。4試合目で初めて放った快打は打線のつながりを生んだ。今季最多タイの一回4得点。2試合連続で務めた「1番」...

  • 7月10日ヤクルト戦 坂倉「二刀流」できらり (7/10)

     もはや広島が誇る「二刀流」かもしれない。その奮闘はシーズン前の予想をはるかに飛び越えた。連日快音を連発し、いまや5番にがっちり固定。もともと守りは捕手として半人前、一塁手として0人前、のはずだった。...

  • 7月9日ヤクルト戦 二つの悔しさ 糧にしよう (7/9)

     昨季引退した石原慶幸さんは現役晩年、「抑え捕手」を務めた。リードした終盤、守護神とともにグラウンドに登場。「ベンチにいても、試合に出ている時と同じように集中していた」という。それまでの配球が頭にない...