カープ

大道、無念の四回途中降板 8失点

2021/6/20 16:12
【DeNA―広島】四回、マウンドを降りる大道(手前右)

【DeNA―広島】四回、マウンドを降りる大道(手前右)

【DeNA―広島】(20日、東京ドーム)

 広島東洋カープの大道温貴は四回途中8失点で降板となった。

 二回までは1人の走者も出さない完璧な投球。三回に先頭打者に四球を与えると、2死三塁から適時内野安打を許して先制された。その後も連打で満塁となり、オースティンに満塁弾を浴びた。

 四回も2四球と安打で走者を出し、2死満塁から伊藤光に走者一掃の二塁打を浴びたところでマウンドを降りた。登板前には「ルーキーらしくがむしゃらに投げたい」と話していたが、2度目の先発は悔しさが残った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧