• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 集団感染は一つの感染源から 変異株、感染源は不明 コロナ対策連絡会議で報告

カープ

集団感染は一つの感染源から 変異株、感染源は不明 コロナ対策連絡会議で報告

2021/6/21 14:04
マツダスタジアム

マツダスタジアム

 プロ野球とJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」が21日、オンラインで開かれ、5月下旬の広島東洋カープの集団感染について報告された。陽性者の検体をゲノム解析した結果、全て同一の遺伝子であり、一つの感染源から広がったことが明らかになった。

 座長の東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は「室内の密集した状況で(感染が)あり得たかもしれない。ミーティングでのマスク着用や、会話もできるだけ控えるなど厳しくやる必要がある」と話した。感染力の強い変異株であり、感染源は現時点では判明していないという。

 広島東洋カープは5月17日に菊池涼介選手が発熱し、新型コロナウイルス感染が判明。その後、PCR検査を重ね、陽性判定を受けるなどした11選手が一時、戦列を離れた。 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧