カープ

復帰の鈴木、代打で四球 バット振らず

2021/6/24 20:37
【広島―ヤクルト】七回、広島2死一塁、代打で登場し、四球を選んだ鈴木

【広島―ヤクルト】七回、広島2死一塁、代打で登場し、四球を選んだ鈴木

【広島―ヤクルト】(24日、マツダ)

 広島東洋カープの鈴木誠也が復帰後初打席に立ち、一度もバットを振ることなくストレートの四球を選んだ。

 1―3の七回2死一塁から代打で打席へ。ヤクルトの2番手梅野に対して冷静にボールを見極め、好機を広げた。一塁に向かった後には代走に野間峻祥が送られた。しかし、続く菊池涼介が右飛に倒れて得点にはつながらなかった。

 鈴木は新型コロナウイルスのワクチン接種による副反応が出たとして22日のヤクルト戦を欠場。23日に規定の10日間を待たずに再登録できる「特例2021」の対象選手として抹消され、24日に登録されていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧