カープ

捕手に必要な経験 失敗重ね、感性を磨いて

2021/6/28 23:16

 広島は1軍に4人の捕手を置いている。中堅の磯村、若手の石原、坂倉、中村奨。日本代表に選ばれた会沢が故障して以降、先発マスクは石原が7試合、坂倉が3試合かぶった。切磋琢磨(せっさたくま)している選手を見ていると、自分の現役時代を思い出す。捕手というポジションは本当にやりがいがあった。そして、大変だった。
(ここまで 152文字/記事全文 1070文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

石原慶幸 気配りのススメの最新記事
一覧

  • 栗林、活躍の要因は 直球・フォークが同じ軌道 (8/30)

     守護神の栗林が素晴らしい活躍を見せている。防御率0・48、22セーブで、リードをひっくり返されたことはない。技術面、精神面とも高いレベルにある。現役時代、球を受けてみたかったと思わせてくれる投手だ。...

  • 捕手に必要な経験 失敗重ね、感性を磨いて (6/28)

     広島は1軍に4人の捕手を置いている。中堅の磯村、若手の石原、坂倉、中村奨。日本代表に選ばれた会沢が故障して以降、先発マスクは石原が7試合、坂倉が3試合かぶった。切磋琢磨(せっさたくま)している選手を...

  • バッテリーの呼吸 要所での意思確認、大切 (4/26)

     捕手の仕事は多い。捕球の上達、リードの勉強は当然のこと。マウンドで投手が見せる小さなしぐさに目を配り、その局面で最善の球を投げさせる必要がある。今季、5年目となる坂倉は先発捕手として週に2度出場し、...

  • 沖縄キャンプのブルペン 若手捕手、成長の絶好機 (2/8)

     広島の沖縄春季キャンプを視察している。捕手出身として、やはりブルペンが気になる。注目するのは投手の球筋だけではない。捕手にとってブルペンは最も練習になる場所であり、やらなければならないことがたくさん...