カープ

コルニエル「大瀬良投手のように」

2021/7/2 7:55

 コルニエルは練習生から育成選手になったばかりの昨秋、ある抱負を口にしていた。「大瀬良投手のようになりたい」。異国の地で一歩を踏み出したドミニカンには、制球力も力強さも優しさも兼ね備えたエースの姿がまぶしく映った。

 大瀬良のことを、いつもうれしそうに話す。5月に大瀬良が右ふくらはぎの故障から復帰し、再合流した際は「『元気だった?』とか『スライダーが良くなったね』とか話したよ。『球が速いな』と言われてうれしかった」と柔和な笑みを浮かべた。

 さぞ力が入っただろう。6月29日の巨人戦。大瀬良が今季最短の3回6失点でマウンドを降りた後、六回に登板。163キロの直球を武器に1回2/3を無失点に抑えた。憧れの存在が不調の今、どんな思いで剛腕を振るうのか。(八百村耕平)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

赤ヘル24時の最新記事
一覧

  • カープ初代「1球勝利」の安仁屋さん、4人目塹江にエール (9/17)

     「変な記録じゃけど、こうして名前が出る。それ自体がすごくいいことよ」。球団OBで野球評論家の安仁屋宗八さんが笑った。9日に塹江が挙げたプロ野球43人目の1球勝利。カープでは53年前に安仁屋さんが初め...

  • 育成の木下、支配下登録目指す (9/14)

     高卒2年目、育成の木下が少ない好機をものにしようと必死だ。4日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦でサヨナラ打。「次も一打席に集中したい」と浮かれた様子はない。 宇草、正随ら1軍経験のある選手がスタ...

  • 効いてきた?床田への小言 (9/10)

     「小手先で投げているようにみえる」「楽して投げているのか」「ピンチで150キロが出るなら最初から出せ」…。これまで床田に対して何度も厳しい評価を下してきた佐々岡監督のコメントが変わってきた。 8月2...

  • 渡りの途中に野球観戦? 球場巡った鳥の群れ (9/7)

     小園はかがみ、長野はフェンスに張り付いた。2日のDeNA戦(横浜)の八回。上空を20羽以上の鳥の群れが旋回した。高度も低く、試合は一時中断。両軍関係者が「初めて見た」と驚く珍しい場面だった。 安佐動...

  • OB天谷さん、ロッテ小窪の誕生に感無量 (9/3)

     ロッテ小窪の誕生を、広島OBで野球解説者の天谷宗一郎さんも喜んだ。地元テレビ局を代表して入団会見を取材。駆け出しの時代から多くの時間を過ごした2学年後輩の門出に「苦しい時期を、ほんの少しだけど知って...