カープ

栗林、オールスターに初選出 監督推薦で

2021/7/5 16:04
初の球宴選出が決まり、ガッツポーズをして喜ぶ栗林(球団提供)

初の球宴選出が決まり、ガッツポーズをして喜ぶ栗林(球団提供)

 プロ野球マイナビオールスターゲーム2021の監督推薦選手が5日発表され、広島東洋カープからは栗林良吏が初めて選ばれた。新人の選出は球団では2012年の野村祐輔以来、9年ぶり。「うれしい気持ちでいっぱい。もちろん全部、三振がいい」とパ・リーグの強打者に直球勝負で挑む。

 栗林は開幕から守護神を務め、初登板から22試合連続無失点と奮闘。これまで30試合に登板し、リーグ2位の16セーブをマークしている。0勝1敗で防御率は0・61。東京五輪の野球日本代表にも内定している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧