カープ

7月7日DeNA戦 固定した中軸、打線の鍵

2021/7/8 0:00

 鶏が先か、卵が先か。打順を巡る議論に、この考え方が当てはまるような気がする。「固定するから打つのか、打つから固定するのか」。3番小園、4番鈴木、5番坂倉のオーダーは10試合連続。打線の中核を担うクリーンアップの固定化は2年目の佐々岡体制で最長である。
(ここまで 126文字/記事全文 475文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 9月25日DeNA戦 同い年の意地、たぎる島内 (9/25)

     栗林も一番星になれない時代があった。3年前、大学4年ではドラフト指名漏れ。1、2位以外なら社会人入りという本人側の思いがあったからだ。広島スカウトは無念の獲得断念。迷って指名に選んだのは、同じ大卒右...

  • 9月24日DeNA戦 名バッテリー、久々強さ (9/24)

     不動心。弱い球団のエースは、それを備えていくしかない。続く貧打、付かぬ白星。揺るがぬ思いで、投げていく。ひそかに重ねたクオリティースタート(6回以上を投げ自責点3以下)の連続試合は自己最長タイの9に...

  • 9月23日巨人戦 小園の育成ビジョンを (9/23)

     安部、上本…。野間の故障離脱で、日替わり1番が始まった。それと同時に打撃陣のゼロ行進もスタート。適任者がいないか、1軍のメンバー表を見渡す。いた。2番でもがく小園である。

  • 9月22日巨人戦 空元気でも戦う姿勢を (9/22)

     チーム再建へ―。そんな期待を膨らませたのは昨秋だった。「元気というか湧き出るパワーがちょっとなかった。選手にやる気を出させれば結果は勝手についてくる」。連覇を知る河田ヘッドコーチの復帰会見に胸が高鳴...

  • 9月21日巨人戦 後逸の小園、成長の糧に (9/21)

     笑顔の花が咲くマウンドで、小園の表情はこわばっていた。九回無死、ウィーラーの地をはうようなゴロを後逸。目前に迫っていた床田のプロ初完封を台無しにしかねないミスが出た。背筋が凍ったに違いない。