カープ

栗林、テレビカメラの前でも堂々

2021/7/9 8:41

 9日が誕生日のルーキー栗林が場慣れしてきた。それはチームの窮地を救って仁王立ちするマウンド上だけでない。テレビカメラの前でも堂々としたたたずまいを見せている。

 先日にあった「バリバリバリユニホーム」の発表会に参加。報道陣から「バリを使って意気込みを」とのむちゃぶりには満点回答を見せた。一緒に出席した小園と林の声が小さいと感じたのか、「小園と林はちょっと元気がないので僕がバリ元気よく、バリ声を出していけたら」とにやりと笑って2人に視線を送った。

 そして最後にもう一仕事。締めを託されて頭を悩ます林に耳打ちし、「バリ応援していただくと僕もバリ頑張れるんで、バリ応援してくれたらうれしい」とのコメントを引き出した。チームメートの窮地を救い、堂々と胸を張った。(友岡真彦)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

赤ヘル24時の最新記事
一覧

  • カープ初代「1球勝利」の安仁屋さん、4人目塹江にエール (9/17)

     「変な記録じゃけど、こうして名前が出る。それ自体がすごくいいことよ」。球団OBで野球評論家の安仁屋宗八さんが笑った。9日に塹江が挙げたプロ野球43人目の1球勝利。カープでは53年前に安仁屋さんが初め...

  • 育成の木下、支配下登録目指す (9/14)

     高卒2年目、育成の木下が少ない好機をものにしようと必死だ。4日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦でサヨナラ打。「次も一打席に集中したい」と浮かれた様子はない。 宇草、正随ら1軍経験のある選手がスタ...

  • 効いてきた?床田への小言 (9/10)

     「小手先で投げているようにみえる」「楽して投げているのか」「ピンチで150キロが出るなら最初から出せ」…。これまで床田に対して何度も厳しい評価を下してきた佐々岡監督のコメントが変わってきた。 8月2...

  • 渡りの途中に野球観戦? 球場巡った鳥の群れ (9/7)

     小園はかがみ、長野はフェンスに張り付いた。2日のDeNA戦(横浜)の八回。上空を20羽以上の鳥の群れが旋回した。高度も低く、試合は一時中断。両軍関係者が「初めて見た」と驚く珍しい場面だった。 安佐動...

  • OB天谷さん、ロッテ小窪の誕生に感無量 (9/3)

     ロッテ小窪の誕生を、広島OBで野球解説者の天谷宗一郎さんも喜んだ。地元テレビ局を代表して入団会見を取材。駆け出しの時代から多くの時間を過ごした2学年後輩の門出に「苦しい時期を、ほんの少しだけど知って...