カープ

ヤクルト戦、荒天で中止 先発予定の森下は14日に登板へ

2021/7/11 19:14
記者席に入り込んだ雨水を排出するスタッフの横を引き上げる佐々岡監督

記者席に入り込んだ雨水を排出するスタッフの横を引き上げる佐々岡監督

 広島東洋カープが11日に予定していたヤクルト戦(神宮)は、試合開始前に激しい雨が降り、午後4時45分に中止が決まった。この日先発予定だった森下暢仁について、佐々岡真司監督は「投げていないので(12日からの)中日戦の三つ目にいけると思う」と前半戦最終戦となる14日に先発させる考え。森下は「投げられるところで投げて、しっかり準備してやっていきたい」と話した。


(ここまで 171文字/記事全文 347文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧