カープ

菊池、豪快弾でMVP オールスターゲーム、全セが先勝

2021/7/16 23:45
【全パ―全セ】六回、全セ2死二塁、菊池(右)が左越え2ランを放ち、ベンチ前で笑顔をみせる(撮影・浜岡学)

【全パ―全セ】六回、全セ2死二塁、菊池(右)が左越え2ランを放ち、ベンチ前で笑顔をみせる(撮影・浜岡学)

 新型コロナウイルス感染拡大で中止され、2年ぶりの開催となったプロ野球の「マイナビオールスターゲーム2021」は16日、メットライフドームで第1戦が行われ、全セが全パに5―4で競り勝ち、通算成績を80勝85敗11分けとした。
(ここまで 112文字/記事全文 756文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 最優秀選手賞に輝いた菊池(手前左)。奥は敢闘選手賞の山本=(c)NPB/BBM2021)
  • 【全パ―全セ】一回、鈴木
  • 【全パ―全セ】二回、森下(左)
  • 【全パ―全セ】二回、菊池
  • 【全パ―全セ】六回、菊池(左)
  • 【全パ―全セ】七回、栗林(左)
  • 【全パ―全セ】九回、菊池
  • 【全パ―全セ】菊池(手前左から2人目)
  • 【全パ―全セ】MVPを受賞し、インタビューを受ける菊池
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】1966年7月31日 (7/30)

     安仁屋宗八が九回2死で無安打無得点を逃した。巨人戦(広島)、黒江透修に左前打を許す。1安打完封、自ら先制打を放ち、開幕13連勝の新人堀内恒夫に土をつけた。

  • 坂倉、捕手力向上へ ベンチのサインなしの訳 (7/29)

     打力が売りの広島の坂倉が、捕手力を磨く。エキシビションマッチではベンチから細かいサインは出ず、自らの判断でプレーを選択。「間違ってもいいので、思ったことは実践したい。ミスして覚えていきたい」と成長を...

  • 矢崎・高橋昂・スコット、1軍練習に合流 (7/29)

     先発枠を争う矢崎、高橋昂、スコットが29日、1軍練習に合流した。3投手とも30日からあるエキシビションマッチのロッテ3連戦(マツダ)で登板予定。アピールを期す。

  • 【きょうは何の日】1957年7月30日 (7/29)

     広岡富夫が広島市民球場の球団1号アーチを放った。国鉄戦で0―2の六回に左中間ソロ。延長十四回引き分けのナイターは午後10時17分終了、国鉄が終電を遅らせた。

  • 佐々岡監督が立て直し誓う オーナーに前半戦報告 (7/29)

     広島の佐々岡監督が28日、広島市南区の球団事務所で松田元オーナーに前半戦の報告をした。チームは30勝42敗10分けの借金12で5位。中断期間でチームを立て直し、まずは勝率5割を目指すことを誓った。