カープ

鈴木、15試合ぶり待望の一発

2021/8/26 18:14
【巨人―広島】一回、広島2死一塁、鈴木が中越えに2ランを放つ

【巨人―広島】一回、広島2死一塁、鈴木が中越えに2ランを放つ

【巨人―広島】(26日、東京ドーム)

 広島東洋カープの4番鈴木誠也に、15試合ぶりとなる待望の一発が出た。

 一回2死一塁。フルカウントから2球ファウルで粘った後の9球目だった。菅野の変化球を捉えた打球はバックスクリーンへ。先制の16号2ランは、7月9日のヤクルト戦以来となる60打席ぶりの一発だった。

 前日の試合後に佐々岡真司監督が「本人も苦しいと思うしモヤモヤしていると思うけど、1本出れば変わってくると思う」と話していた矢先に飛び出した一打。続く坂倉将吾も右中間席にソロで続くなど、打線に勢いを付けた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧