カープ

9月4日ヤクルト戦 配球に見る会沢の機転

2021/9/4 23:05

 ピンチを抜けたのはとっさの方向転換だった。九回、会沢の指先に柔軟性を見る。栗林のまさかの連続四球で無死一、二塁。ここで求めた球種はこのところ控えていたカットボールだ。遊ゴロ併殺に仕留めて2死三塁とした後、坂口もカットボールで投ゴロに。ほかの球種のばらつきを感じ取り、勝負球を選んだ。
(ここまで 142文字/記事全文 499文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 10月28日DeNA戦 見え隠れした「一発願望」 (10/28)

     佐々岡監督の続投が決まった。2年前の就任会見の記憶をたどる。コロナ禍に見舞われる前。大勢の記者に囲まれた新指揮官に、打撃陣の課題を尋ねた時の返答が頭に残っている。「カープの野球は走って1点を取る中で...

  • 10月24日阪神戦 頼りなさに寂しさ募る (10/24)

     完敗して、疲労困憊(こんぱい)した。七回、その差はまだ2点だった。守備陣に失策が相次ぎ、勝利が一気に遠のく。大敗へとつながった一つのスイッチ。それは追う展開だったこの時点で、鈴木をベンチに引っ込めた...

  • 10月23日阪神戦 集大成で意地見せたい (10/23)

     戦いが始まる前に、勝負は終わった。それは比喩でもなんでもない。アップ中、デーゲームの巨人勝利の一報が届き、Bクラスが確定。ここ13試合で10勝を挙げても、及ばなかった。それほどまで今年のカープは負け...

  • 10月21日ヤクルト戦 ベスト尽くす鈴木の姿 (10/21)

     鈴木は後悔の思いが強い。CS進出の望みをつなぐ今、脳裏をよぎるのは前半戦の不振。「僕が全然駄目だったので若い選手に負担をかけすぎた。最初からできていればもう少し違うチーム状況だった」。4番の胸にある...

  • 10月18日阪神戦 今こそ監督の勝負手を (10/18)

     9月、ヤクルトの高津監督が怒っている場面をテレビで見た。走者が塁間に挟まれた時の判定に対する不満で、審判に対する激しい抗議は15分も続いたという。ヤクルトの順位が最後まで今のままだったら、チームの熱...