カープ

渡りの途中に野球観戦? 球場巡った鳥の群れ

2021/9/7 8:55

 小園はかがみ、長野はフェンスに張り付いた。2日のDeNA戦(横浜)の八回。上空を20羽以上の鳥の群れが旋回した。高度も低く、試合は一時中断。両軍関係者が「初めて見た」と驚く珍しい場面だった。

 安佐動物公園(広島市安佐北区)の担当者に写真を見てもらうと「断定できないが、アカエリヒレアシシギではないか」と教えてくれた。旅鳥で、北米などで繁殖し、南アフリカや東南アジアに渡るという。春と秋が渡りの季節。日本は経由地なのだとか。

 「時々海岸近くにいますが、海洋性なのでなかなか見ませんね。海が近いから迷い込んだのかな」。珍しいものを見て勝てば、縁起がいいと捉えるのが野球界。次回もぜひ、長旅の途中にはカープの野球を見ていってほしい。(池本泰尚)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

赤ヘル24時の最新記事
一覧

  • 記憶にこびりつく今村 こんな選手、もう出てこない (10/21)

     「仕事ですからね」。戦力外になった今村を見て、静かな返事を思い出した。2017年9月1日のヤクルト戦(神宮)。3―2の八回2死満塁から登板し、4球で遊ゴロに仕留めた。翌日球場で声を掛けると、表情を変...

  • 栗林、ドラフト3位指名の後輩・中村健人との再会心待ち (10/16)

     栗林が後輩との再会を楽しみにしている。11日のドラフト会議で3位指名を受けたのはトヨタ自動車の後輩、中村健人外野手(24)。「やっぱりうれしいのが一番。おめでとう」と祝福した。 強打と勝負強さがセー...

  • 島内、リリーフカー乗車は未経験 (10/12)

     「乗るタイミング逃しちゃって…」と、島内は照れ笑いした。セ・リーグでは甲子園と横浜で中継ぎ投手に用意されているリリーフカー。島内は運転手に丁寧に断りを入れ、走ってマウンドに向かう。通算登板は100試...

  • 「先頭!先頭!頑張れ頑張れ!」 大きな声の主は… (10/8)

     今季、2軍の由宇球場でひときわ大きな声を出していたのがメヒアだった。試合中は三塁の守備位置から投手に何度も「先頭!先頭!頑張れ頑張れ!」と鼓舞。ドミニカ共和国出身ながら、流ちょうに話す日本語に相手チ...

  • バード、秋の訪れ感じながら活躍誓う (10/5)

     バードが、秋の訪れを寂しがっている。厳しい夏が終わり、過ごしやすくなったかと思いきや、「夏が好き」と意外な答えが返ってきた。 出身は米国フロリダ州。常夏のリゾート地で知られ、気温は32度から40度近...