• トップ >
  • カープ >
  • ファーム情報 >
  • <ウエスタン>9月9日オリックス戦 ドラ4小林樹斗、先発で5回を2失点 プロ初安打・初打点も

カープ

<ウエスタン>9月9日オリックス戦 ドラ4小林樹斗、先発で5回を2失点 プロ初安打・初打点も

2021/9/9 17:16
【広島―オリックス】先発して5回を2失点に抑えた広島の小林

【広島―オリックス】先発して5回を2失点に抑えた広島の小林

 【ウエスタン・リーグ 広島5―4オリックス】(9日・由宇)

 広島東洋カープのドラフト4位新人、小林樹斗(たつと)が先発し、5回を2失点に抑えた。

 一回に「高く浮いてしまった」という直球を3連打され、2点を先制された。オリックス先発のドラフト1位新人、山下舜平大(しゅんぺいた=福岡大大濠高出)の四球やボーク連発を横目に、落ち着きを取り戻した二回は三者凡退。三回は連打を浴びても崩れず、四、五回はいずれも三者凡退に抑えた。

 打席では二回に送りバントを決め、2―2の四回1死三塁では中前打で「プロ初安打、初打点」をマークした。「相手が同い年でドラフト1位の山下君だったので、投げ勝ちたいと思った」。この春に卒業した智弁和歌山高が夏の甲子園を制し、「日本一を果たした後輩たちを尊敬する。いい刺激になった。僕も負けていられない」と力強く話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ファーム情報の最新記事
一覧