カープ

育成の木下、支配下登録目指す

2021/9/14 9:23

 高卒2年目、育成の木下が少ない好機をものにしようと必死だ。4日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦でサヨナラ打。「次も一打席に集中したい」と浮かれた様子はない。

 宇草、正随ら1軍経験のある選手がスタメンに名を連ねると、出場機会は減る。「もっと練習してレベルアップしたい」と外野手登録ながら一塁もこなす。

 シーズン中は打撃に悩むと、自主トレーニングでともに汗を流した福井・敦賀気比高の先輩、オリックス・吉田正に相談する。「落ち込んだ時、どう切り替えるか」など精神面のアドバイスを受ける。

 吉田正にサヨナラ打を報告するか聞くと「1軍で初安打を打ってから」ときっぱり。左の大砲候補が支配下登録を目指す。(中間卓也)



この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

赤ヘル24時の最新記事
一覧

  • 栗林、ドラフト3位指名の後輩・中村健人との再会心待ち (10/16)

     栗林が後輩との再会を楽しみにしている。11日のドラフト会議で3位指名を受けたのはトヨタ自動車の後輩、中村健人外野手(24)。「やっぱりうれしいのが一番。おめでとう」と祝福した。 強打と勝負強さがセー...

  • 島内、リリーフカー乗車は未経験 (10/12)

     「乗るタイミング逃しちゃって…」と、島内は照れ笑いした。セ・リーグでは甲子園と横浜で中継ぎ投手に用意されているリリーフカー。島内は運転手に丁寧に断りを入れ、走ってマウンドに向かう。通算登板は100試...

  • 「先頭!先頭!頑張れ頑張れ!」 大きな声の主は… (10/8)

     今季、2軍の由宇球場でひときわ大きな声を出していたのがメヒアだった。試合中は三塁の守備位置から投手に何度も「先頭!先頭!頑張れ頑張れ!」と鼓舞。ドミニカ共和国出身ながら、流ちょうに話す日本語に相手チ...

  • バード、秋の訪れ感じながら活躍誓う (10/5)

     バードが、秋の訪れを寂しがっている。厳しい夏が終わり、過ごしやすくなったかと思いきや、「夏が好き」と意外な答えが返ってきた。 出身は米国フロリダ州。常夏のリゾート地で知られ、気温は32度から40度近...

  • 河内広報、記録ラッシュの栗林にうれしい悲鳴 (10/1)

     河内広報がうれしい悲鳴を上げている。試合後、報道陣から要望のあった選手を取材へ案内するのに加え、新たな仕事が舞い込んだ。記録ラッシュの栗林に連日の記念撮影。デジタルカメラを手に奔走する。 9月26日...