カープ

9月21日巨人戦 後逸の小園、成長の糧に

2021/9/21 23:25

 笑顔の花が咲くマウンドで、小園の表情はこわばっていた。九回無死、ウィーラーの地をはうようなゴロを後逸。目前に迫っていた床田のプロ初完封を台無しにしかねないミスが出た。背筋が凍ったに違いない。
(ここまで 96文字/記事全文 494文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 10月24日阪神戦 頼りなさに寂しさ募る (10/24)

     完敗して、疲労困憊(こんぱい)した。七回、その差はまだ2点だった。守備陣に失策が相次ぎ、勝利が一気に遠のく。大敗へとつながった一つのスイッチ。それは追う展開だったこの時点で、鈴木をベンチに引っ込めた...

  • 10月23日阪神戦 集大成で意地見せたい (10/23)

     戦いが始まる前に、勝負は終わった。それは比喩でもなんでもない。アップ中、デーゲームの巨人勝利の一報が届き、Bクラスが確定。ここ13試合で10勝を挙げても、及ばなかった。それほどまで今年のカープは負け...

  • 10月21日ヤクルト戦 ベスト尽くす鈴木の姿 (10/21)

     鈴木は後悔の思いが強い。CS進出の望みをつなぐ今、脳裏をよぎるのは前半戦の不振。「僕が全然駄目だったので若い選手に負担をかけすぎた。最初からできていればもう少し違うチーム状況だった」。4番の胸にある...

  • 10月18日阪神戦 今こそ監督の勝負手を (10/18)

     9月、ヤクルトの高津監督が怒っている場面をテレビで見た。走者が塁間に挟まれた時の判定に対する不満で、審判に対する激しい抗議は15分も続いたという。ヤクルトの順位が最後まで今のままだったら、チームの熱...

  • 10月17日阪神戦 全力の宇草、追い風呼ぶ (10/17)

     たった一つの動きに、その選手の特長が出ることがある。3―0の六回1死満塁、坂倉が中飛を打った時だった。とても犠飛にはならない浅い当たりにもかかわらず、三塁走者の宇草は一度、スタートを切り、本気で本塁...