カープ

鈴木、2打席連続の31、32号 自己最多を更新

2021/9/30 19:40
【阪神―広島】四回、広島1死二塁、鈴木が中越え2ランを放ち、3―2とする

【阪神―広島】四回、広島1死二塁、鈴木が中越え2ランを放ち、3―2とする

【阪神―広島】(30日、甲子園)

 広島東洋カープの鈴木誠也が、自己最多を更新する31号、32号本塁打を2打席連続で放った。

 2点を追う二回、1ボール1ストライクから西勇の変化球を捉えた。タイミングを外されたが体は前に出さず、バットを投げ出すようにスイング。最後は左手だけでヘッドを走らせて、左翼席まで運んだ。「打ったのはスライダー。点を取られた後にまず1点返すことができてよかったです」と振り返った。

 さらに1点を追う四回の第2打席は、1死二塁から再び西勇の変化球を捉えた。バックスクリーンに運ぶ逆転2ラン。「打ったのはチェンジアップかな。逆転につながる本塁打になってよかった」と喜んだ。

 9月はこれで13本塁打。好調をキープしている。



この記事の写真

  • 【阪神―広島】二回、広島無死、左越え本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる鈴木

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧