カープ

10月10日巨人戦 坂倉成長、気になる来季

2021/10/10 23:50

 坂倉にとって、プロ入り後最も大きな山あり谷ありの1カ月であったに違いない。規定打席に達し、初のサヨナラ弾を放って打率リーグ1位に躍り出たのは先月7日。その後は26打席連続無安打で、打率は3割を割り込んだ。再び息を吹き返して首位打者に返り咲き。高卒5年目の成長ぶりは驚きの連続である。
(ここまで 140文字/記事全文 493文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 11月1日ヤクルト戦 若手の魅力、来季へ希望 (11/1)

     その時、聞いた名前を忘れてしまった。2月下旬、2軍キャンプスタートだった大瀬良の1軍合流を沖縄で待ち受けた時のこと。着いてすぐのエースの言葉。「日南にえげつない球を投げる子がいました」。それ以外の会...

  • 10月29日ヤクルト戦 勝ちへの執念、継続を (10/29)

     今季の地元最終戦に消化試合の雰囲気を感じなかった。理由はただ一つ。「九里に最多勝のタイトルを」。打線は1点、守備は一つのアウトにこだわる。そのプレーの積み重ねで見えたのは勝利への執念。3年連続のBク...

  • 10月28日DeNA戦 見え隠れした「一発願望」 (10/28)

     佐々岡監督の続投が決まった。2年前の就任会見の記憶をたどる。コロナ禍に見舞われる前。大勢の記者に囲まれた新指揮官に、打撃陣の課題を尋ねた時の返答が頭に残っている。「カープの野球は走って1点を取る中で...

  • 10月24日阪神戦 頼りなさに寂しさ募る (10/24)

     完敗して、疲労困憊(こんぱい)した。七回、その差はまだ2点だった。守備陣に失策が相次ぎ、勝利が一気に遠のく。大敗へとつながった一つのスイッチ。それは追う展開だったこの時点で、鈴木をベンチに引っ込めた...

  • 10月23日阪神戦 集大成で意地見せたい (10/23)

     戦いが始まる前に、勝負は終わった。それは比喩でもなんでもない。アップ中、デーゲームの巨人勝利の一報が届き、Bクラスが確定。ここ13試合で10勝を挙げても、及ばなかった。それほどまで今年のカープは負け...