カープ

10月14日DeNA戦 鈴木35号 打率リーグトップをキープ

2021/10/14 23:56
【広島―DeNA】四回、鈴木

【広島―DeNA】四回、鈴木

 1点を先制された直後の四回だった。先頭打者で打席に入ると、2ボール2ストライクから内角高めのスライダーをフルスイング。打球は大きな放物線を描いて左翼席に届き、同点の35号ソロとなった。「たまたま甘い球がきた。(大瀬良)大地さんが頑張っているので、すぐに追い付くことができて良かった」と笑顔で振り返った。
(ここまで 152文字/記事全文 192文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 【広島―DeNA】七回、鈴木
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧

  • 10月18日阪神戦 痛恨の1敗、打線の積極性空回り 不運な捕球判定も (10/18)

     快進撃を支えてきた打線が一転、沈黙した。両コーナーに集め、ボールを動かす伊藤将の前に淡々とアウトを重ねた。四回まではわずか43球で料理され、一人の走者も出せなかった。河田ヘッドコーチは「踏ん張る九里...

  • 10月18日阪神戦 (10/18)

     ◇阪神―広島23回戦(広島12勝11敗、18時01分、甲子園、14787人)

  • 10月18日阪神戦 九里がっくり 七回途中2失点で8敗目 (10/18)

     九里は七回途中まで2失点と踏ん張ったが、8敗目。リーグトップタイの12勝で足踏みした。三、七回に犠飛で失点し、「1点でも少なくという気持ちで投げてはいたが、先に点を与えたことが敗戦につながった」と悔...

  • 10月18日阪神戦 代打長野が反撃の一打 (10/18)

     2点を追う八回、長野が反撃の一打を放った。無死二塁の場面で代打で登場し、阪神の岩崎から中前適時打。「まず1点、返せてよかった」。チームの追い上げムードを高めるベテランらしい一振りだった。

  • 【ダッグアウト】10月18日阪神戦 (10/18)

     広島・大盛(八回無死一塁で代走で出て、会沢の左直を二塁手前で止まって判断。一塁に戻ったが併殺となり)「僕は落ちたと思ったが、難しくてステイしてしまった。雰囲気的に戻った方がいいと思ったが、遅かった。...