カープ

逆転CSに望み、巨人に競り勝ちゲーム差3

2021/10/16 17:48
【巨人―広島】一回、広島2死一、三塁、菊池が左越え適時二塁打を放つ

【巨人―広島】一回、広島2死一、三塁、菊池が左越え適時二塁打を放つ

【広島8―7巨人】(16日、東京ドーム)

 広島東洋カープが3位巨人との今季最終戦に競り勝ち、逆転でのAクラス入りに望みをつないだ。

【カープのCS進出ライン】

宇草ヒーローインタビュー、鈴木誠也からのアドバイス明かす

佐々岡監督、四球続けた栗林に「最後はね、信頼しているし抑えてくれた」

 一回、宇草孔基が先頭打者本塁打を放つと、菊池涼介らも続き4得点。三回は鈴木誠也と菊池が本塁打を打ち、突き放した。先発の森下暢仁は6回1/3を5失点で8勝目。九回は栗林良吏が2点を奪われたが、何とかしのいだ。

 シーズン残り8試合の広島は、残り4試合の巨人とのゲーム差を3とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧