• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 連勝3でストップ、打線つながらず 2年連続のシーズン負け越し決定

カープ

連勝3でストップ、打線つながらず 2年連続のシーズン負け越し決定

2021/10/18 21:28
七回、阪神1死満塁、代打糸井の左犠飛で追加点を許し、悔しがる九里(左)

七回、阪神1死満塁、代打糸井の左犠飛で追加点を許し、悔しがる九里(左)

 【広島1―2阪神】(18日、甲子園)

 広島東洋カープは打線がつながらず、連勝は3でストップ。2年連続のシーズン負け越しが決まった。

 阪神先発、伊藤将の動く球を捉えきれなかった。初めて先頭が出塁した七回無死一塁では、鈴木誠也が遊ゴロ併殺。八回に2番手岩崎から代打長野久義の適時打で1点を返したものの、なお無死一塁で代打会沢翼のライナー性の左飛を好捕され、一塁走者の大盛穂が戻りきれず併殺となった。

 九里亜蓮は2本の犠飛で七回途中2失点(自責1)。リーグトップタイの12勝で足踏みとなった。

 3位巨人とは3ゲーム差に広がった。広島が残り6試合を全勝しても、残り4試合で3勝1敗の巨人を上回れない。

【グラフ】2021年プロ野球12球団の順位と勝率の動き

【関連記事】逆転CSへさらに一歩、一発攻勢で3連勝 巨人とのゲーム差2・5


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧