• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 11月1日ヤクルト戦 今季全日程終了 鈴木2年ぶり首位打者、栗林37Sで新人記録に並ぶ

カープ

11月1日ヤクルト戦 今季全日程終了 鈴木2年ぶり首位打者、栗林37Sで新人記録に並ぶ

2021/11/1 23:55
今シーズンの最終戦を勝利で飾り、ファンに手を振る選手たち(撮影・浜岡学)

今シーズンの最終戦を勝利で飾り、ファンに手を振る選手たち(撮影・浜岡学)

 広島は1日、ヤクルトとの最終戦(神宮)で9―7と逆転勝ちし、今季の公式戦を終えた。セ・リーグの全日程も終了し、鈴木誠也外野手が打率3割1分7厘、出塁率4割3分3厘で、ともに2年ぶり2度目となる首位打者と最高出塁率を獲得。13勝を挙げた九里亜蓮投手が青柳晃洋投手(阪神)とともに最多勝に輝いた。

【関連記事】
栗林、笑顔の締め 記録ずくめ投げ抜いた
首位打者獲得の鈴木に快音なく
【グラフ】2021年プロ野球12球団の順位と勝率の動き

(ここまで 221文字/記事全文 399文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧