カープ

11月1日ヤクルト戦 首位打者獲得の鈴木に快音なく

2021/11/1 23:53
四回、ヤクルトの攻撃が終わり、ベンチに引き上げる鈴木(右)。左は宇草

四回、ヤクルトの攻撃が終わり、ベンチに引き上げる鈴木(右)。左は宇草

 鈴木は「4番・右翼」で3試合ぶりに先発出場。3打席無安打だったものの、打率3割1分7厘、出塁率4割3分3厘で、ともに2年ぶりの2度目のタイトルを手にした。快音を残せぬまま、五回の守備から交代し、「出塁率はうれしいけど、率に関しては今日も駄目だった。休んでいる暇はない。やることはいっぱいある」と感慨に浸ることはなかった。
(ここまで 161文字/記事全文 276文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧