カープ

九里、FA権行使せず残留 セ・リーグ最多勝

2021/11/22 11:50
広島に残留を決め、笑顔で会見する九里(撮影・山崎亮)

広島に残留を決め、笑顔で会見する九里(撮影・山崎亮)

 広島東洋カープの九里亜蓮投手(30)は22日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、チームに残留することを表明した。

 今季は自己最多の13勝(9敗)で最多勝のタイトルを獲得した。プロ8年で通算185試合に登板、50勝40敗、防御率3・77。今オフの広島では大瀬良大地投手に続き、国内FA権を取得したローテーション投手の残留となった。


 【関連記事】

「このチームで日本一になりたいという気持ちもやっぱり強かった」 九里の一問一答
九里「近いうち結論」 国内FA権、球団と交渉
FA権について九里「考えたい」 大瀬良は「球団と話を」
九里、我慢の勲章 最多勝確定 中4日、粘投99球(10月29日ヤクルト戦)
九里亜蓮13勝で最多勝タイトル確定「一人で勝ったものではない」
秋季練習打ち上げ 「悔しさ忘れず、来季こそ優勝」
「どんなに悪くても応援して下さる方がいた」戦力外通告の今村、ファンに感謝


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧