カープ

悩み抜いた九里、貫いた初心

2021/11/22 17:19
残留を決めた九里投手

残留を決めた九里投手

 九里は迷い続けた。全日程終了から3週間後に出した結論は「カープ残留」。その理由について「一番というのは本当にない。難しい」。会見でゆっくりと言葉を選んだ姿に、悩み抜いた様子がにじんだ。

「このチームで日本一になりたいという気持ちもやっぱり強かった」 九里の一問一答

 国内FA権を取得した年に13勝(9敗)で最多勝。自信が芽生え、「マネーゲームをするつもりはないが、他球団の話も聞きたい」。一度、宣言へ心が動きかけた。通算50勝のうち救援勝利は6勝。2019年まではロング救援やローテの谷間の先発も担い、「救援の1勝にも価値はある。自分のような選手でも上がっていけることを後輩に示したい」との思いがあった。
(ここまで 305文字/記事全文 553文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧