カープ

小園「来年は絶対に(3割)打てるように頑張る」 一問一答

2021/11/29 13:37
1300万円増で更改した小園(撮影・大川万優)

1300万円増で更改した小園(撮影・大川万優)

 広島の小園海斗内野手(21)が29日、広島市南区の球団事務所で契約交渉に臨み、1300万円増の年俸2100万円で契約更改した。小園の一問一答は次の通り。(金額は推定)

 ―サインはしましたか。金額は。

 サインはしました。1300万円アップの2100万円で(はんこを)押させていただきました。

 ―球団からはどんなことを言われましたか。

 1年間、お疲れさま、よく頑張ったと言っていただいた。来年も期待していると言われた。

 ―球団からの評価は納得していますか。

 納得してサインをした。来年も頑張ろうという気になった。

 ―飛躍の1年だった今シーズンを振り返って。

 いろいろありましたけど、最初から1軍にいられずに悔しい思いをしてシーズンに入った。途中からチャンスをいただいた。それを生かせた。途中で僕も新型コロナウイルスに感染してしまったが、いろんな方に支えられて、僕は頑張れたなと思う。

 ―初めて規定打席に到達し、1軍で戦い抜けたという思いはありますか。

 1年間ずっとやれたというのは、自分の自信になったが、その分、来年の期待が大きいと思う。その期待を力にできるようしたい。このオフも大事になってくる。練習や生活も大事にやっていけたらと思う。

 ―打率3割に届かなかったが、2割9分8厘と盛り返しました。

 打撃コーチからは、このまま下がっていくか、上げられるかで自分の力は変わってくるぞと言っていただいた。その時は絶対に上げてやるぞと必死にやった。

 ―打率3割への思いは。

 本当に悔しい思いをした。来年は絶対に打てるように頑張る。

 ―1年を戦い抜いて、課題は。
(ここまで 672文字/記事全文 2227文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧