• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 「シーズン中、何回も新井さんに電話した」 カープ菊池一問一答

カープ

「シーズン中、何回も新井さんに電話した」 カープ菊池一問一答

2021/12/8 14:11
現状維持の年俸3億円プラス出来高払いでサインした菊池

現状維持の年俸3億円プラス出来高払いでサインした菊池

 広島東洋カープの菊池涼介内野手(31)が8日、広島市南区の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。2020年から4年契約を結んでおり、3年目となる来季は現状維持の年俸3億円プラス出来高払いでサインした。菊池の一問一答は以下の通り。(金額は推定)

 ―今季を振り返っていかがですか。

 いいスタートは切れた。新型コロナウイルスに感染して迷惑を掛け、復帰して力になれなかった。すごく悔しい。仕方ないのもあるが、1年元気でいるのは大変だとあらためて思った。

 ―打撃では勝負強いイメージがありました。

 打順も何パターンかあり、仕事が変わった。(球団本部長の)鈴木さんとの話の中で、小園も、(林)晃汰も、坂倉も、早い段階で背中を押してくれる会話、もう一押しがあれば、もう少し良い成績が残せたのではないかと、選手の気持ちとして伝えた。

 ―チームは終盤に追い上げましたが、3年連続Bクラスでした。

 さみしい。勝たないと面白くない。お客さんも来てよかった、楽しかったと思えない。数多く勝たないといけない。Aクラスよりは優勝を目指してやってきた。ただ、ビッグボス(新庄監督)が「優勝は目指さない」と。また新しい風が吹いている。僕もなんか分かるような気がするな。あまり意識しすぎてもな、とあらためて思った。

 ▶新井さんはどんなアドバイスを?小園への評価は…
(ここまで 561文字/記事全文 1970文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧