カープ

アピールの絶好機、ものにできず <14>定岡徹久さん(61) 【兄弟対決】

2022/1/14 23:01
定岡徹久さん

定岡徹久さん

 1983年、プロ球界に「定岡3兄弟」が勢ぞろいした。7歳上の長兄智秋は南海(現ソフトバンク)の内野手、4歳上の次兄正二は巨人の先発ローテーション投手。三男徹久は広島に外野手で入団し、激しい定位置争いに加わった。ライバルは長内孝、小川達明、長嶋清幸、及川美喜男、同期の西田真二…。「一流の素質の持ち主ばかり。でも、自分もひけを取ってはいないと思っていた」
(ここまで 177文字/記事全文 1072文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 兄正二(右)との初対決で空振り三振し、ベンチへ引き揚げる定岡(1983年4月21日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープOB探訪 栄光の陰での最新記事
一覧