コラム・連載・特集

  • 馬場田真一(ばばた・しんいち) 地域再興の「輪」 (7/14)

     私たち一般社団法人「ふるさと楽舎(がくしゃ)」(広島市安佐北区)は、中山間地域の資源と魅力を再発見し、磨きをかけて、ふるさと再興に貢献しようと活動している団体です。

  • 山中洋(やまなか・ひろし) 世界の定番を目指して (7/11)

     忘れられない出来事がある。10年以上前、イタリアで開催される世界最大の家具見本市ミラノサローネ国際家具見本市に初めて出展した際、現地の関係者に、日本で家具なんて作っているのかと驚かれた。とても悔しか...

  • 宮地理(みやじ・さとし) 逆襲の博物館 (7/9)

     私が勤める博物館は、中に入るとティラノサウルスが出迎え、天井から大カマキリがにらみつけ、右を向いたら毛利敬親公と目が合い、左には8畳一間の松下村塾、さらに進むと縄文土器が並んだ先に太陽系、庭にはSL...

  • 河村孝(かわむら・たかし) チーム創立15周年 (7/8)

     中国リーグからスタートしたレノファ山口FCは今年、チーム創立15周年を迎えることができました。数多くの応援やご協力に心より感謝申し上げます。

  • 佐々木真人(ささき・まさと) 転機・出会い・再挑戦 (7/7)

     サラリーマン時代、睡眠時間3時間を3年間続けて身体を壊した。良くなったり、悪くなったりを繰り返して10年がたち、気が付くと出世コースから外れていた。元気にはなってきたものの、もんもんとしていた時、妻...

  • 藤井登美子(ふじい・とみこ) 水野勝成への思い (7/4)

     水野勝成といえば、これまでの常識では、若き日には「直情径行の乱暴者」であったが、福山藩主に就いた後は「慈悲深い殿様」に変貌したと伝えられてきました。

  • 上田まり子(うえだ・まりこ) フードダイバーシティ (7/2)

     食べたくても食べられない、または大好きなものが一生食べられなくなった生活を想像できるでしょうか。私の子供たちは、3人ともに重度の食物アレルギーがあります。今まで何度も命の危険に遭い、そのたびに死を覚...

  • 山本秀樹(やまもと・ひでき) 贈り物のマナー (7/1)

     広島、山口県の大進本店の全店にプロのギフトアドバイザーを配置している。そのためか当社の社員は日々、冠婚葬祭についてさまざまなお困りごとの相談や質問を受ける。丁寧にお答えすることによって感謝の言葉を頂...

  • 川野祐二(かわの・ゆうじ) エリザベトとベルギー (6/30)

     大学名称のエリザベトは「どのエリザベトさんですか」と聞かれることがあります。答えはベルギー国王アルベール1世の王妃エリザベト・ガブリエル・ヴァレリー・マリー(王太后、1876〜1965年)です。彼女...

  • 中村康浩(なかむら・やすひろ) 日常の豊かさの再考 (6/27)

     縁あって昨年12月、広島に参りました。福岡市の生まれで、大学からは東京中心の生活でした。広島へは観光と出張で訪れたことはありましたが、暮らすのは初めてです。