コラム・連載・特集

  • 土井裕文(どい・ひろふみ) 新たな「和」の挑戦 (9/30)

     「和太鼓の魅力って何ですか」。25年前、ふるさと広島で和太鼓演奏集団を立ち上げて以来、何度も頂いてきた質問。「みんなの気持ちがそろう充実感ですね」「響きですね、やはりライブが最高です」―と笑顔で答え...

  • 中村正夫(なかむら・まさお) 学生服の「先生」がいた (9/27)

     半世紀前にもらった封書とはがきが、引っ越し荷物の中から何通か出てきた。修道中1年の時に地理を習った武永健一郎先生が差出人。「参考書を丸写しするとばれるぞ」という作文指南や海外調査計画の裏話まで書いて...

  • 重森貴菜(しげもり・たかな) 呉市の議会図書室 (9/17)

     呉市議会には、専属の司書がいる議会図書室があるのをご存じだろうか。

  • 加藤貞則(かとう・さだのり) 新たな模索そして希望 (9/16)

     祝賀ムードに包まれた令和の幕開けから1年と数カ月が経つ。好調なインバウンド需要や秒読みに入った東京オリンピックのニュースは、自然災害が多かった平成に別れを告げ、新たな時代への希望を感じさせてくれた。

  • 坂本充(さかもと・みつる) ミヤジマトンボの保護 (9/13)

     ミヤジマトンボという素敵な名前のトンボが、国内では宮島(廿日市市)だけにすんでいる。国外では、遠く離れた中国南東沿岸地域に分布する。隔離分布の形成は、最終氷期が終わり、日本列島が大陸から分離する以前...

  • 中野美加(なかの・みか) 誰かの中のあなた (9/10)

     25年も前にこの世を去った、いとこがいた。 初めて会ったのは私が4歳の時。両親が彼のことをひそやかに話しているのを聞いた。東京で板前をし、女性と一緒に暮らしている、と。当時のわが家の常識ではなかった...

  • 山中歩(やまなか・あゆみ) 需要と供給から考える (9/9)

     一般的に農作物の価格は需要と供給によって左右される。農家は作物の収量を増やしてもうけようと努力するが、それによって供給が需要を上回ってくると価格が下がる。一方で収量が少ない場合は供給が需要を下回って...

  • 寺岡謙(てらおか・けん) 覚悟 (9/6)

     昨年、陽正会の理事長に就任し、はや1年がたつ。一歩一歩前進するという覚悟を持ち、ねじり鉢巻きをして現職に就いたが、試行錯誤の連続である。

  • 山本誠(やまもと・まこと) 売上高という癒し (9/3)

     2008年に先代からバトンを受け社長に就きました。その時、先代に言われた一言が「ええがにせえよ」。意味をあまり意識しませんでしたが、最近考えさせられます。「よりよくする」とはどういう意味か。弊社の事...

  • 下野竜也(しもの・たつや) 息子に学ぶ (9/2)

     ここに1枚の手紙がある。1片と言うべきか。仕事柄、単身赴任状態で家を留守にすることの多い私が、その日も空港で家族とバイバイをする時に、お父ちゃんちょっと待って!と当時6歳の息子が、レストランの紙ナプ...