議会watch

広島県議会

  • 一般質問 26日の詳報 (2/27)

     【畑石顕司氏(自民議連、広島市東区)】 ●高校再編の全体像 広島県教委は、今後の県の高校教育の全体像を示す必要がある。2020年度に生まれた子どもが高校生になる36年度には、約4千人の生徒が減少する...

  • 一般質問 25日の詳報 (2/26)

     【竹原哲氏(自民議連、広島市安佐南区)】 ●中山間地域のデジタル技術活用の推進 県は、市町を支援し、地域社会のデジタル化を推進している。中山間地域でデジタル技術を活用してこれまでの生活に変革をもたら...

  • 一般質問 24日の詳報 (2/25)

     【日下美香氏(公明党議員団、広島市中区)】 ●わたしらしい生き方応援プランひろしま 県は第5次男女共同参画基本計画の名称を変え、男女の区別をなくした。人々の意識変革に、どう対応しようとしているのか。...

  • 一般質問 22日の詳報 (2/23)

     【三好良治氏(自民議連、福山市)】 ●在籍型出向への支援 新型コロナウイルスの影響で、一時的に余剰人員がいる企業と人材を求める企業をつなぐ在籍型出向制度の活用が求められている。だが小規模な事業者の動...

  • 代表質問 19日の詳報 (2/20)

     【城戸常太氏(自民党広志会・つばさ、呉市)】 ●病院船の誘致 新型コロナウイルスをきっかけに、国は海上で医療活動をする「病院船」の導入を検討している。災害で陸上交通が断たれた場合でも、被災地へ迅速に...

  • 代表質問 18日の詳報 (2/19)

     【森川家忠氏(自民議連、竹原市・豊田郡)】 ●適散・適集社会づくり ひろしまビジョン(総合計画)の「適散・適集」という言葉は観念的で、住民の生命を守るセーフティーネットから産業、中山間地域振興を図る...

  • 一般質問 11日の詳報 (12/11)

     【玉重輝吉氏(自民議連、安芸高田市)】 ●中山間地域の医療体制の確保 広島県は、全国で北海道に次いで2番目に無医地区が多く、特に庄原市など県北部に集中している。解決策の一つとして遠隔診療が考えられる...

  • 一般質問 10日の詳報 (12/11)

     【尾熊良一氏(公明党、福山市)】 ●学校の新型コロナウイルス感染防止対策 県内でも小中高校の児童生徒の感染事例が増えている。公立学校での感染状況や、感染者がいじめにあわないための対応を問う。冬休みに...

  • 一般質問 9日の詳報 (12/10)

     【下森宏昭氏(自民議連、三次市)】 ●新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ検査・医療の提供態勢 広島県内の新型コロナ感染者数は過去最多を更新している。コロナまん延後初の冬を迎え、実効性ある対応と検証が...

  • 一般質問 29日の詳報 (9/30)

     【恵飛須圭二氏(自民議連、東広島市)】 ●農業分野でのロボットの活用 ロボットは農業分野で今後、期待されるパートナーであり、無人トラクターなども実用化されている。ビジネスやサービスの形態が革新を続け...