コラム・連載・特集

ぐるっとわがまち

  • 広島市東区温品エリア<下> (6/28)

     ▽亡き父思い水害碑修復 窪川原さん呼び掛け、94年前を伝える 温品地区を縦断する府中大川の神前橋(温品7丁目)のたもとに高さ3メートルの水害碑が立つ。「岩石土砂樹木が流れ来て村内を圧倒」「一瞬にして...

  • 広島市東区温品エリア<中> (6/27)

     ▽陶芸とバラとカフェと 元教員の磯谷さん、自宅を開放 つつじが丘団地(上温品2丁目)の坂道を上っていると、「陶芸・バラ園」の看板が目に入った。磯谷重夫さん(68)が自宅を開放し、2010年に始めた陶...

  • 広島市東区温品エリア<上> (6/26)

     ▽玄関先に駄菓子店開いて24年 上温品 上温品1丁目の閑静な住宅街。歩いていると、駄菓子店を見つけた。あめ玉にラムネ、チョコレート…。その数は100種類以上。大人でも心が躍る。「いらっしゃい。よう来...

  • 広島市安佐南区緑井エリア<下> (5/25)

     ▽災害が問う地域の絆 今夏に体験語る催し 77人が命を落とした2014年8月の広島土砂災害の発生から今年で6年。被災地である緑井8丁目で、緑井上組町内会の玉田康荘会長(73)と自主防災会の高岡正文会...

  • 広島市安佐南区緑井エリア<中> (5/24)

     ▽人つなぐ、民話の猫 毘沙門通り商店街のマスコット 緑井の毘沙門通り商店街の飲食店「KOBOO(コブー)」に入ると、棚に並んだ3体の猫の置物が目に入った。高さは3〜5センチ。小ぶりで愛らしい。「福を...

  • 広島市安佐南区緑井エリア<上> (5/23)

     ▽地名語る宇那木神社の井戸 住民の心潤す 郷土史に詳しい地元の福谷昭二さん(88)の案内で宇那木神社(緑井7丁目)を訪ねた。境内の枯れ井戸の前で教えてくれたのは緑井の地名の由来だ。「樹木の緑が美しく...

  • 広島市南区段原エリア<下> (4/20)

     ▽練習再開まで心一つに 少年野球「レッドイーグルス」 地元の少年野球チーム「段原レッドイーグルス」は、半世紀近い歴史を誇る。所属するのは段原小や比治山小などの子どもたち。新型コロナウイルスの感染拡大...

  • 広島市南区段原エリア<中> (4/18)

     ▽力合わせてマスク作り 住民グループ、見守り支援も 「すてきな生地ね」「どうせだから、たくさん作りましょうよ」。段原西集会所のホールから、にぎやかな声が聞こえてきた。のぞいてみると、着物の端切れやガ...

  • 広島市南区段原エリア<上> (4/18)

    ▽再開発前の街、子に伝えたい 「おやじの会」が写真集や絵本作り 段原地区を一望できる比治山。標高約70メートルの小高い山は地域のシンボルだ。麓を歩いていると、小さな広場があった。8本のシダレザクラが広...

  • 府中町南部エリア<下> (3/21)

     ▽府中南小の第2図書室、地域が応援 空き教室改装 学校を本のテーマパークに―。そんな目標を掲げている小学校がある。広島県府中町の府中南小(柳ケ丘)。昨年9月には、空き教室を利用して第2図書室を開いた...