コラム・連載・特集

ヒロシマの空白 被爆75年

  • 埋もれた名前<10>新資料 宙に浮く事業所名簿 (12/10)

     ▽収集や活用、連携課題 原爆資料館(広島市中区)が所蔵する資料「広島栄養食配給組合書類」の中に、鉄工所やねじ工場、木工所など市内計29事業所の原爆死没者を取りまとめた名簿がある。計323人分。200...

  • 埋もれた名前<9>検視調書 5万人余の記録不明 (12/9)

     ▽最有力資料、原本どこに 1945年末までの広島原爆の犠牲者数として、一般的に言われるのは「14万人±1万人」という推計値。一方、広島市が原爆被爆者動態調査でつかんでいる名前の「実数」は8万9025...

  • 埋もれた名前<8>白系ロシア人 亡命一家をほんろう (12/6)

     ▽店の写真に5人の姿 人と車が行き交う広島市の中心、中区の紙屋町交差点。この近くにかつてあった研屋町(とぎやちょう)の一角に、被爆前まで「純欧風式 ロバノフ洋服店」が店を構えていた。経営は、パーベル...

  • 埋もれた名前<7>北朝鮮の被爆者 国交なく援護対象外 (12/5)

     広島市の原爆死没者名簿には、新たに死亡が確認された被爆者の名前が毎年書き加えられる。最近になるほど死没者の把握はたやすいと思われるが、なおも記録に刻まれていない人たちがいる。その最たるが日本と外交関...

  • 埋もれた名前<6>朝鮮半島出身者 多数犠牲、解明には壁 (12/4)

     「どこかにもっと資料があれば…」。広島市東区にある在日本大韓民国民団(民団)広島県地方本部で、被爆2世の権俊五(クォン・ジュノ)さん(70)が深いため息をついた。韓国原爆被害者対策特別委員会の副委員...

  • 埋もれた名前<5>学徒出陣 大学の調査、最近から (12/2)

     軍に召集され、全国から広島に単身で滞在していて被爆死した人たち。これまでの国の原爆死没者調査では、各地に散らばる遺族から十分情報を得ておらず、全容は分からないままだ。 ■戦後60年で京都大など 手掛...

  • 埋もれた名前<4>「軍都」広島 各地から応召、犠牲に (12/1)

     1945年末までの原爆犠牲者数として、広島市が原爆被爆者動態調査を通して名前を把握しているのは今年3月末時点で8万9025人。原爆死没者名簿に新たに登載されたことにより、来年3月末には動態調査にも名...

  • 埋もれた名前<3>幼い犠牲 生後数時間、名なき命 (11/30)

     ▽生きた証し、残す遺族 原爆で全滅した青木信芳さん一家の被爆時について、おいの青木久之さん(73)=富山市=が亡き父勝治さんから唯一聞いた言葉がある。「生まれたばかりの子は母親と一緒にいたはずなのに...

  • 埋もれた名前<2>全国調査の壁 全容把握に消極的な国 (11/29)

     ▽戦争責任や補償懸念か 青木信芳さんと妻富美さんの一家は、5人のうち4人が今年春まで、広島市の原爆被爆者動態調査のデータから漏れていた。「何らかの記録に名前が載っている、と思い込んでいたんです」。信...

  • 埋もれた名前<1>「一家全滅」 70年余公的記録なし (11/28)

     北陸を目指して広島を出発し、新幹線と特急を乗り継いだ。到着したJR富山駅(富山市)から、さらに車で約15分。夕暮れ時の閑静な住宅街を訪ねると、民家の敷地に慰霊碑が立っていた。「廣島原爆ニ妻男女二兒爆...