コラム・連載・特集

関連記事

  • 悔しさを成長の糧に 広島県チーム中学生の小島・村上 (1/20)

     初めての安芸路は、涙でぬれた。16位に沈んだ広島県チームで、3キロの中学生区間を担った2区小島悠生(磯松中)は区間13位、6区村上響(鷹取中)は区間30位。小島は「抜かれることはこんなに悔しいんだと...

  • 山口県勢23位 最高タイムは更新「成長見えた」 (1/20)

     19日にあったひろしま男子駅伝で、山口県チームは2時間20分38秒で23位だった。3区の田村和希主将(24)=住友電工=が区間賞の走りを見せたが、後半順位を落とし、2年ぶりの入賞は果たせなかった。 ...

  • 島根県勢43位、8年ぶり2時間25分台切る 粘りの走り、力を発揮 (1/20)

     19日にあったひろしま男子駅伝で、島根県チームは2時間24分45秒で43位だった。3年連続40位台ながら、8年ぶりに2時間25分台を切るタイムで走り切った。河村靖宏監督(43)=向陽中教=は「やって...

  • 岡山県勢29位、高校生の奮闘目立つ 目標の10位台には届かず (1/20)

     19日のひろしま男子駅伝で、岡山県チームは2時間21分27秒で29位だった。タイムは20位だった前回から約1分縮めたが、順位を下げた。目標の10位台は4年連続で届かなかった。新雅弘監督(58)=倉敷...

  • ご当地グルメに長い列 ふるさとひろば (1/20)

     全国各地の自慢の味を集めた平和記念公園南側の「ふるさとひろば」。郷土芸能の披露もあり、多くの家族連れたちでにぎわった。 平和大通り北側には各都道府県人会の応援団テントがずらり。富山県人会は名物「ます...

  • のぼりに感謝 選手書き込み (1/20)

     レースを終え、中区の広島国際会議場での表彰式に出席した47都道府県の選手たちは、小学生が手作りした応援のぼりにメッセージを書き込んだ。「良いモチベーションになりました!!」「また来年」―。安芸路で受...

  • ゆるキャラ熱い後押し 広島・平和公園前 (1/20)

     発着点の広島市中区の平和記念公園前近くには全国各地のゆるキャラが集結。「ふるさとキャラクター応援団」として、沿道の観客とともに熱走するランナーを激励した。 熊本県の「くまモン」や千葉県の「チーバくん...

  • 郷土の味、熱気に一役 広島山口県人会、ふく鍋・ひれ酒販売 (1/20)

     平和記念公園南側の「駅伝ふるさとひろば」では、広島山口県人会が出店し「ふく鍋」と「ひれ酒」を販売した。県人会の事務局がある山口銀行広島支店(広島市中区)の職員たち約30人が、郷土の味でレースを盛り上...

  • レース支え皆勤25年 広島の中学教諭・浜村さん (1/20)

     今年も同じ場所に立ち、レースを支えた。広島市南区の中学校教諭、浜村祥水さん(59)。1996年の第1回大会から25年間ずっと、高校生が中学生にたすきをつなぐ第1中継所(西区)の裏方役を担う。「中高生...

  • 中国駅伝たすき手に応援 愛媛県人会の中田副会長 (1/20)

     安芸路を疾走する古里の選手を見詰めるまなざしは優しかった。「20位に入ってほしかったけど、みんなよくやったよ」。広島愛媛県人会副会長の中田敬司さん(60)=中区=は、36位だった同県チームの力走をた...