「原爆の日」特集

被爆75年「原爆の日」特集
2020ヒロシマ

 1945年8月6日、原爆は広島の上空でさく裂し、人々の命と街の営みを奪った。歴代の広島市長は、平和宣言に世界の情勢を映しながら、核兵器廃絶を訴え続けてきた。岐路に立つ被爆者団体の現状は、時間の重みをにじませる。「ヒロシマの空白」写真アーカイブは、被爆前の写真を数多く収め、消し去られたものの尊さを語り掛ける。2020年、広島は被爆75年の節目を迎えた。

歴代市長の平和宣言と世界の動き
全国被爆者団体アンケート
ヒロシマの空白 写真アーカイブ

2020ヒロシマ