コラム・連載・特集

全国高校駅伝50回出場 世羅ヒストリー


2014年大会で右手を掲げて優勝のゴールテープを切る吉田圭太(現青学大)

 高校駅伝の強豪として知られる広島・世羅の男子が、12月20日の全国高校駅伝(京都市)に史上3校目となる50回目の出場を果たす。学校創立は1896年で、陸上部は1947年に創部した。50、51年の第1回、2回大会を連覇して全国に「駅伝の世羅」の名をとどろかせると、数度の低迷期を脱して2000年代から完全復活。9度の優勝回数は全国最多を誇る。

 日本を代表する指導者となる坂口泰(中国電力総監督)や岩本真弥(ダイソー監督)、原晋(青学大監督)らを輩出した。現在の部員数は男子が46人、女子は17人。50回目の出場となる男子は5000メートル13分台を4人もそろえ、充実の布陣で5年ぶり10度目の頂点に挑む。間近に迫る大舞台を前に、伝統校がしるしてきた過去49回の激走を振り返る。

  • < 前の10件
  • 1
  • 次の10件 >