「原爆の日」特集

2014ヒロシマ

  • 核なき世界へ行動を 被爆69年式典、松井市長が平和宣言 (8/6)

     米国による広島への原爆投下から69年となる6日、広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式(平和記念式典)が平和記念公園(中区)で営まれた。雨の中、訪れた被爆者や遺族、各国政府の代表を前に、松井一実市長が平...

  • 【写真特集】8月6日、平和記念式典 (8/6)

     米国による広島への原爆投下から69年となる6日、広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式(平和記念式典)が平和記念公園(中区)で営まれた。

  • PEACE DECLARATION (8/6)

    Summer, 69 years later. The burning sun takes us back to “that day.” August 6, 1945. A single atomic...

  • 平和宣言 (8/6)

     被爆69年の夏。灼(や)けつく日差しは「あの日」に記憶の時間(とき)を引き戻します。1945年8月6日。一発の原爆により焦土と化した広島では、幼子からお年寄りまで一日で何万という罪なき市民の命が絶た...

  • 【写真特集】8月6日、式典前に(2) (8/6)

     多くの命や生活を奪い、遺伝子をも傷つける原爆を人々の頭上に初めて、米国が投下して69年。広島市は6日午前8時から、中区の平和記念公園で原爆死没者慰霊式・平和祈念式(平和記念式典)を営む。痛ましい被爆...

  • 【写真特集】8月6日、式典前に(1) (8/6)

     多くの命や生活を奪い、遺伝子をも傷つける原爆を人々の頭上に初めて、米国が投下して69年。広島市は6日午前8時から、中区の平和記念公園で原爆死没者慰霊式・平和祈念式(平和記念式典)を営む。痛ましい被爆...

  • 【社説】ヒロシマ69年 「記憶」を継ぐのは私たち (8/6)

     私たちは歴史から、被爆者の言葉から、いったい何を学んできたのだろう。 戦後69年間、核兵器がゼロとならない国際情勢に、被爆地は異を唱え続けてきた。だが、これまで地球上に争いごとの尽きる日が訪れなかっ...

  • 【天風録】祖父との「再会」 (8/6)

     8年前に他界した祖父と再会した。被爆者がそれぞれの8月6日を語る証言ビデオ。原爆資料館と国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が収録を続けている。公開されている1224本の1本にあると、最近知る▲午前8時...

  • 兄と姉、被爆時の遺品 広島の浜田さん、資料館に寄贈へ (8/6)

     きょう「8月6日」、広島市安佐北区狩留家町に住む浜田良子さん(64)は、原爆死した兄と姉を、癒やされぬ悲しみを抱え続けた母を悼みながら祈る。平和を願う。「あの日」身に着けていた兄の衣服や腕時計、姉の...

  • 会員の88%が病気治療中 「上安・相田地区黒い雨の会」調査 (8/6)

     原爆投下後の「黒い雨」を今の広島市安佐南区で浴びた住民たちでつくる「上安・相田地区黒い雨の会」(191人)は5日、4年ぶりに実施した会員の健康調査の結果をまとめた。答えた95人のうち84人(88・4...