生きて

生きて 児童文学作家 那須正幹さん(1942年〜)

  • <5> 昆虫採集 趣味高じ大学でも専攻 (7/21)

     小学校時代、大ファンじゃった手塚治虫が少年時代に昆虫採集をしよったと聞いて、僕も始めた。小学6年生のころじゃったかな。それと、夏休みになると近所の家に、一つ年上の昆虫マニアの少年が、東京から遊びに来...

  • <4> 心の友 本の主人公に憧れ創作 (7/18)

     庚午中(現広島市西区)で、1冊の本と運命的に出合う 1年生の時、図書委員の女の子が「これ読んでみたら」と、下村湖人の「次郎物語」の1巻目を薦めてきた。読み終えて、「面白うない」と感想を伝えると、「那...

  • <3> 己斐小の思い出 手塚ファン 漫画家志す (7/17)

     1949年、己斐小(現広島市西区)に入学 幼稚園に行ってなかったから、小学校に入った途端、あらゆる病気をしてね。1年生の時、冬休みが終わる前の日に、ボブ・ホープが出ていた映画「腰抜け二挺拳銃」を見て...

  • <2> 被爆の記憶 ミカンの缶詰 フーフー (7/16)

     父茂義、母トキの長男として、広島市庚午北町(現西区己斐本町)に生まれた。3人きょうだいの末っ子。次姉とは九つ離れていた 原爆以前の記憶もあるんよ。一つは、防空演習でおふくろが、けが人役として担架に乗...

  • <1> ズッコケとともに 子どもの喜び 書く源泉 (7/15)

     「ズッコケ三人組」シリーズの生みの親である児童文学作家、那須正幹(まさもと)さん(73)=防府市。全50巻、累計2500万部は、戦後の日本児童文学最大のベストセラーだ。子どもたちを楽しませる作品を、...