生きて

<1> ズッコケとともに 子どもの喜び 書く源泉

生きて 児童文学作家 那須正幹さん(1942年〜)2015/7/15 10:19
取材に訪れた広島土砂災害の被災現場で(6月)

取材に訪れた広島土砂災害の被災現場で(6月)

 「ズッコケ三人組」シリーズの生みの親である児童文学作家、那須正幹(まさもと)さん(73)=防府市。全50巻、累計2500万部は、戦後の日本児童文学最大のベストセラーだ。子どもたちを楽しませる作品を、と書き続けてきた。一方で、3歳の時の被爆体験を踏まえ、講演などを通じて原爆や戦争の愚かさを伝え続けている。

    ◇

 こないだ数えたら、今、40年間で250冊書いとるね。文庫とかは別にして。よう書いたよ。一つは、物語を作るんが好きで、ほんと性に合っとったんじゃろうね。よく筆の遅い人いうのは、うなったりするって言うじゃろ。僕は分からんね。書けんで困ったという記憶がない。

 ただ、実は僕自身、小学校時代はまったくの本嫌い。よし、そんな僕でも、夢中になって読める、面白い作品を目指そうと思って書き始めた。中でも、「ズッコケ三人組」シリーズは、それこそ人生の半分以上の付き合いがある。あの50巻は、ほんとライフワークじゃったね。

 続いたもう一つの理由は、子どもたちの支持じゃろうね。読者とのキャッチボールというか。例えば「児童会のことを書いて」とか、子どもたちからのリクエストに応じて、作品を書いたりもしたからね。僕は、ファンレターには必ず返事を書く。小学生の時、手塚治虫にファンレターを出したら返事が来てね。あの時の感激はいまだに覚えとるから。

 2005年、続編「ズッコケ中年三人組」シリーズをスタート。ことし12月に最終巻「ズッコケ熟年三人組」を刊行し、締めくくる。最後に選んだ題材は、昨年8月の広島土砂災害。被災地にも足を運んだ

 更地の真ん中に花が供えてあって。ここで大変なことが起こったんだなと、実感できた。物語では、三人組の一人、中学教師のハカセが、土砂災害に遭遇し、教え子の安否を尋ね回る。70年前、広島電鉄家政女学校の教師だったおやじが、被爆後に、生徒を捜して回っている。その話は、よう聞かされとったからね。

 あの日、死んでもおかしくなかったのがこれまで生きてこられた。戦争を記憶する僕らが、伝えていかなければという責任感は感じるね。(この連載は文化部・石井雄一が担当します)

【生きて 児童文学作家 那須正幹さん】
<2>被爆の記憶 ミカンの缶詰 フーフー
<3>己斐小の思い出 手塚ファン 漫画家志す
<4>心の友 本の主人公に憧れ創作
<5>昆虫採集 趣味高じ大学でも専攻
<6>サラリーマン時代 入社2年 異動機に退社
<7>帰郷 次姉に誘われ同人誌に
<8>デビュー 夢中にさす面白さ追求
<9>ずっこけ三銃士 冒険や事件 コミカルに
<10>野心作 「戦争の危機 今も」伝える
<11>ヒロシマを書く 先輩作家の勧めで決意
<12>「ズッコケ三人組」完結 「現実との乖離」感じる
<13>後進への期待 「自分の世界」見つけて
<14>ヒロシマとフクシマ 被爆体験 被災地で語る
<15>次代へ伝える 平和 継承する努力願う

  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

生きて 児童文学作家 那須正幹さん(1942年〜)の最新記事
一覧

  • <15> 次代へ伝える 平和 継承する努力願う (8/7)

     被爆から70年の夏を迎えた 僕の場合、子どもに向けて書く仕事だから、次の世代に分かってほしいという思いが強い。でも、体験のない子どもたちに、どうアプローチをしていくか。戦争の悲惨さをストレートに伝え...

  • <14> ヒロシマとフクシマ 被爆体験 被災地で語る (8/6)

     2011年3月11日、東日本大震災が発生。4カ月後、福島県矢吹町の小学校で講演した 山間部の学校で、津波被害はないけど、家なんかが壊れとるのは随分あった。学校の運動場も除染作業で土が山盛りになっとっ...

  • <13> 後進への期待 「自分の世界」見つけて  (8/5)

     2007年、地方の作家としては初めて、日本児童文学者協会の会長に就任。5年間務めた 前々会長の砂田弘さんが、がんになって会長を降りられた。その次の木暮正夫さんもがんを発病されて。急きょ、次を決めんに...

  • <12> 「ズッコケ三人組」完結 「現実との乖離」感じる (8/4)

     「ズッコケ三人組」シリーズの2巻目「ぼくらはズッコケ探偵団」(1979年刊行)が出たころかな。ポプラ社の営業の部長さんが広島に来て、一緒に食事をしよる時に「先生、ズッコケは何巻ぐらい書くつもりですか...

  • <11> ヒロシマを書く 先輩作家の勧めで決意 (7/31)

     1978年、父が他界し書道塾を辞め、妻の実家がある防府市に転居 物心ついたころからピカの話を聞かされてきて、広島におった時は文学の対象にする気もなかった。それが、防府に引っ越すと広島のことが気になり...