「原爆の日」特集

平和願い「原爆対局」再現 故岩本九段、「あの日」広島で本因坊戦

2015ヒロシマ2015/8/10
解説用の大盤で岩本九段の「原爆対局」を再現する大庭普及部長(左)

解説用の大盤で岩本九段の「原爆対局」を再現する大庭普及部長(左)

 日本棋院理事長を務めた益田市出身の故岩本薫九段(1902〜99年)が、原爆投下の当日に五日市町(現広島市佐伯区)で対局した本因坊戦をテーマにしたセミナーが9日、益田市立図書館であった。日本棋院益田支部の主催。参加者は、岩本の日記や対局の再現を通し、平和について考えた。

 ▽出身地益田でセミナー、当時を記す日記紹介

 橋本宇太郎本因坊との6番勝負の第2局で「原爆下の対局」として知られる。材木町(現在の平和記念公園)であった7月下旬の第1局に続き、五日市町で8月4日から6日まで開かれた。原爆の爆風で会場のガラスが割れるなどの被害を受ける中の対局で、岩本氏が敗れて1勝1敗になった。

 セミナーには支部員たち23人が参加。大庭信行普及部長(44)が、益田市立歴史民俗資料館所蔵の岩本氏の日記を紹介しながら当時の状況を説明。「強烈な光線で爆風が起り、ガラスなど飛んだ/市中に火の手が上り、夜も燃えさかってゐた/こちらに居て命拾いをした」などの記述を紹介した。

 日記は7日以降、広島の関係者の死を悼む記述が続く。対局はその後延期となり、終戦後の翌年8月、岩本氏が最終的に勝利した。一連の対局は、解説用の大盤を使って、会場で再現された。

 田原俊平幹事長(65)は「被爆70年の節目に、囲碁を楽しめる平和な社会のありがたさを再確認した。囲碁史に刻まれた対局を後世に伝えたい」と話していた。(江川裕介)

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2015ヒロシマの最新記事
一覧

  • 基町高生の原爆の絵展示 中区 (8/16)

     被爆者の体験を聴いて基町高(広島市中区)の生徒が描いた原爆の絵の展示会が15日、中区袋町の合人社ウェンディひと・まちプラザで始まった。16日まで。無料。 2007年度から毎年、広島平和文化センターの...

  • 戦禍前、和やか元安川 広島県産業奨励館などの写真を愛好家の遺族が保管 (8/14)

     1937年に広島県産業奨励館(現原爆ドーム、広島市中区)を元安川から写した、地元の写真愛好家土井霞(かすみ)さん(83年に66歳で死去)のネガフィルムを遺族が保管していた。戦禍が市民を脅かす前の和や...

  • 「平和への行動」宣言 青少年国際会議が閉幕 (8/14)

     国内外の若者が核兵器廃絶などについて議論する「青少年国際平和未来会議ヒロシマ」の閉会式が13日、広島市中区の広島国際会議場であり、平和への行動を誓う宣言を発表した。 会議は4日に始まり、広島市や姉妹...

  • 米で被爆証言、心に訴え 笹森さん来日し伝承者らと交流 (8/14)

     広島で被爆し、米国で暮らす笹森恵子(しげこ)さん(83)が13日、広島市中区で、被爆者や市の被爆体験伝承者たち約20人と交流した。日ごろの活動ぶりを伝え、記憶の継承の大切さを確かめ合った。 笹森さん...

  • 児童が一筆、平和の願い 広島でメッセージ展 (8/14)

     小学生の平和メッセージを展示するイベントが13日、広島市南区の福屋広島駅前店で始まった。中国新聞社の被爆70年プロジェクト「ピース・アクト・ヒロシマ」の一環。18日まで。 同市の江波、中島、緑井、鈴...