「原爆の日」特集

「平和への行動」宣言 青少年国際会議が閉幕

2015ヒロシマ2015/8/14 13:01
宣言を読み上げる村上さん(右)とフェイジーさん

宣言を読み上げる村上さん(右)とフェイジーさん

 国内外の若者が核兵器廃絶などについて議論する「青少年国際平和未来会議ヒロシマ」の閉会式が13日、広島市中区の広島国際会議場であり、平和への行動を誓う宣言を発表した。

 会議は4日に始まり、広島市や姉妹友好都市のドイツ・ハノーバー市など21カ国24都市から計82人が参加。合宿しながら被爆者の証言を聞いたり、グループ討論したりして平和について考えた。

 閉会式で広島経済大4年の村上誠さん(21)=安佐南区=と英国・マンチェスターのシャーロット・フェイジーさん(21)が「それぞれが得た経験や知識を共有し、平和プロジェクトに参画することを誓う」と宣言した。

 会議は広島国際青少年協会や市教委などでつくる実行委員会が2005年から開いている。(新谷枝里子)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2015ヒロシマの最新記事
一覧

  • 基町高生の原爆の絵展示 中区 (8/16)

     被爆者の体験を聴いて基町高(広島市中区)の生徒が描いた原爆の絵の展示会が15日、中区袋町の合人社ウェンディひと・まちプラザで始まった。16日まで。無料。 2007年度から毎年、広島平和文化センターの...

  • 戦禍前、和やか元安川 広島県産業奨励館などの写真を愛好家の遺族が保管 (8/14)

     1937年に広島県産業奨励館(現原爆ドーム、広島市中区)を元安川から写した、地元の写真愛好家土井霞(かすみ)さん(83年に66歳で死去)のネガフィルムを遺族が保管していた。戦禍が市民を脅かす前の和や...

  • 「平和への行動」宣言 青少年国際会議が閉幕 (8/14)

     国内外の若者が核兵器廃絶などについて議論する「青少年国際平和未来会議ヒロシマ」の閉会式が13日、広島市中区の広島国際会議場であり、平和への行動を誓う宣言を発表した。 会議は4日に始まり、広島市や姉妹...

  • 米で被爆証言、心に訴え 笹森さん来日し伝承者らと交流 (8/14)

     広島で被爆し、米国で暮らす笹森恵子(しげこ)さん(83)が13日、広島市中区で、被爆者や市の被爆体験伝承者たち約20人と交流した。日ごろの活動ぶりを伝え、記憶の継承の大切さを確かめ合った。 笹森さん...

  • 児童が一筆、平和の願い 広島でメッセージ展 (8/14)

     小学生の平和メッセージを展示するイベントが13日、広島市南区の福屋広島駅前店で始まった。中国新聞社の被爆70年プロジェクト「ピース・アクト・ヒロシマ」の一環。18日まで。 同市の江波、中島、緑井、鈴...