生きて

<13> 理解者 夫婦肩並べ時代を疾走

生きて デザイナー 森英恵さん(1926年〜)2010/10/9 0:00
夫賢さん(左)とパリの街角を歩く森さん ※森英恵

夫賢さん(左)とパリの街角を歩く森さん ※森英恵

 1980〜90年代、森さんは国内外で数々の賞を受賞した。世界でビジネスが拡大していた最中の96年10月、夫賢さんが死去。パリデビューから20周年の年だった

 最初、新宿に店を構えたのを機に彼は経営に加わり、私が映画の仕事に追いまくられている時、いつの間にか会社のトップになっていた。彼は美しいものが好きでした。もっとお金を稼ぎたいなら、別の分野でも勝負ができる経営手腕を持っていました。でも、ファッションが好きだったんですね。ショーがあるときは、飽きもせずに毎回、一番後ろの席で見ていた。周囲が反対するような決断のときはいつも背中を押してくれた。
(ここまで 273文字/記事全文 1239文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

生きて デザイナー 森英恵さん(1926年〜)の最新記事
一覧

  • <15> 走り抜けて 原点追求に人生かける (10/14)

     森さんは、東京・渋谷の新国立劇場で公演中のオペラ「アラベッラ」の衣装制作を担当した。舞台裏での仕事を「地球の上に座っている感じがする」と表現する 開催場所は日本ですが、演出家はフランス人、主演のソプ...

  • <14> 育てる 手仕事の伝統をつなぐ (10/13)

     2004年7月の作品発表を最後に、パリのオートクチュール・コレクションから引退。1977年以来のパリでの活動に幕を下ろした 最後のショーが終わり、アトリエの職人さんたちが作業着のまま、迎えてくれた。...

  • <13> 理解者 夫婦肩並べ時代を疾走 (10/9)

     1980〜90年代、森さんは国内外で数々の賞を受賞した。世界でビジネスが拡大していた最中の96年10月、夫賢さんが死去。パリデビューから20周年の年だった 最初、新宿に店を構えたのを機に彼は経営に加...

  • <12> 「マダム・バタフライ」アジアで原点を再発見 (10/8)

     欧米のモード界で成功する中、インドや中国政府から産業振興の指南役として声がかかるようになる 欧米を見つめていた私にとって、アジアは長らく、近くて遠い存在でした。けれど、長い歴史で培った伝統技術は目を...

  • <11> 東洋初のクチュリエ 第一線で原点を再確認 (10/7)

     1977年、森さんはパリのモンテーニュ通りに創作の拠点であるメゾンを開き、同国のオートクチュール界にデビューすることになる パリで感じたのは、業界がプロ意識の高い職人さんぞろいだということ。布地や刺...